ムミンの趣味ブログ

ムミンの趣味ブログです。

DQ10に関する記事(主にムミンショップ情報、たまに雑記)及びその他趣味全般(現在のマイブームはアニメ)を取り扱います

【DQ10 ムミンショップ】
オルフェア フラワーガーデン6-3
【DQ10 ムミショップ】
グレン 雪原663-2





【アニメ レビュー】251.賭ケグルイ
0

    ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

     

    ジャンル:青年漫画・学園ギャンブル

    放送時期:2017.7−

    原作:漫画/河本ほむら・尚村透

    監督:林祐一郎

    構成:小林靖子

    キャラクターデザイン:秋田学
    制作会社:MAPPA

     

    (ストーリー)

    脚本:C

    構成:C

    END:B

    (キャラクター)

    魅力:C

    デザイン:C

    声優:A

    ・映像:B

    ・音楽:A

     OP「Deal with the devil」/Tia・・・A

     ED「LAYon-theLINE」/D-selections・・・A

    ・売上:(6話時点予想:E)

     

    放送開始前期待度:☆☆☆☆

    総合評価:★★★★

     

    今期一番印象に残ったOP。こんな学校は嫌だランキングもトップクラス。そんな本作品でしたが、中盤ちょっとみるのキツいなぁ・・とリタイヤしかけつつも後半はまた楽しめるようになり無事完走となりました。早見沙織さん演じる夢子を含めまともな人物がほぼいない作品(この学校に入学する時点でまともじゃねぇ・・)、主人公の鈴井君が一番普通ではありましたが。顔芸と名演を楽しむ作品として割り切ればなかなかここまでの作品はないと思います。ギャンブルものとしてはイカサマありきのものについてはあまり魅力は感じませんでしたが、それなりに真っ向勝負にみえるものはどういった匙加減で決着をつけるのかなぁ・・?という興味が出る分面白さはありました。

    掛け金もどんどんインフレが進み、苦笑いするしかありませんでしたが、まぁ「よく狂った作品でございました」と感想を述べておくのが正しいでしょうかね?

    作品の特徴としては「一度敗北したキャラもしっかりその後が描かれている」という特徴があるようで、アニメの範囲でもメアリさんを筆頭にその雰囲気は十分感じられました。

    顔芸と早見沙織さん目当てとして見れば大満足、ギャンブル物としてみれば評価は大きく分かれる、そんな作品だったと言えるでしょう。

     

    1話・・★★★★

    開始直後から「顔芸」が激しくて・・・「濃い」作品が始まったなぁという印象。OP・EDも独特の表現で、ビジュアル面は高クオリティが期待できそうです。学校でギャンブル?!というそもそも論とか、肝心のギャンブルの内容など、細かいツッコミを入れ始めたら楽しめない作品かもしれません。作品の雰囲気と「早見沙織劇場」を楽しむ作品なのかなぁと思っています。「考えるな、感じろ!」ってやつですねw

    2話・・★★★

    W神経衰弱・・!なかなかハードですね〜。「一度負けてからの〜」「イカサマを見破り〜」という展開は1話と一緒。やはり純粋にギャンブルを楽しむというよりは顔芸を楽しむ作品かなという印象。金額が既にインフレしつつあり、逆に大味にならないかは少し心配かも?

    3話・・★★

    はい、億突破〜!確率に信用のおけないギャンブルは個人的にはノーサンキュー・・違うパターンを見たいなぁ・・?

    4話・・★★★★

    勝負が「親vs子」でなくなるとイカサマの趣向が変わり、まだ見ていて楽しめるかなぁと思います。

    5話・・★★★★★

    メアリさん復活おめ!調子に乗り過ぎてまた転落しそうだけど。今回のゲームのイカサマは「おおーなるほど」と納得がいくものだったため面白く感じました。お金の桁がクルイ過ぎてリアリティは感じられないっw

    (特番)

    1話のオーディオコメンタリーでした。結構楽しかった!

    6話・・★★

    眼帯さんの狂気っぷりは逆に真顔になって見てしまう・・・なんだこの女w

    生徒会長&メアリさんのやり取りの方が興味あったかなー。

    7話・・★★

    汁っぺぇ・・;w;声優さんは凄いなぁと思いますけどねw

    次回は大分雰囲気が違いそうなので心機一転楽しもうと思います。

    8話・・★★★★

    初めてギャンブルが登場しなかった回ですね。ユメミテユメミちゃんはアイドルとして案外まともにさえ思えましたw

    9話・・★★★★★

    うん・・やっぱりユメミちゃんは嫌いじゃないかなwEDの歌唱シーンが超作画でした!!

    10話・・★★★★

    公式戦!金額がえらいことに・・。今回は割と正当な勝負に見えるけれど果たして・・?

    11話・・★★★★

    人生賭けて100億円かぁ・・そんな人間になりたいなぁと思いました(まる)

    あと1話っぽいところで生徒会長との対決になりそうな締めでしたがどうなるのでしょうか??

    12話・・★★★★★

    生徒会長との対決は原作が未完の中で程よくまとめたかなぁと思います。鈴井君がまさかの大活躍で驚きましたw

     

    | 【アニメ】 レビュー | 01:07 | comments(0) | - |
    【アニメ レビュー】250.DIVE!!
    0

      ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

       

      ジャンル:スポ根青春物

      放送時期:2017.7−9(全12話)

      原作:小説/森絵都

      監督:鈴木薫

      構成:待田堂子
      制作会社:ゼロジー

       

      (ストーリー)

      脚本:D

      構成:D

      END:C

      (キャラクター)

      魅力:C

      デザイン:C

      声優:B

      ・映像:D

      ・音楽:C

       OP「太陽もひとりぼっち」/Qyoto・・・B

       ED「NEW WNRLD」/Brandon Seibert・・・B

      ・売上:(6話時点予想:E)

       

      放送開始前期待度:☆☆☆

      総合評価:★★

       

      ノイタミナ枠のスポーツ物は「バッテリー」に続いてとなります。水泳の飛び込み競技という珍しいスポーツをどう見せてくれるのかなぁと期待感はありましたが・・。率直な感想として「この作り方で人気が出ると思ったのかなぁ??」とすごく疑問に思いました。珍しい題材だからもっと純粋に真っすぐなストーリー展開であれば・・とかなり残念に思ってしまいました。

      彼女を大切にしなかった結果弟に取られてしまった主人公。見る側としたらそりゃ努力しなかったら脱落するでしょう・・としか感じなかった飛び込みの仲間約2名(そのうち1人はなんとか持ちこたえましたが)。主人公がオリンピックを目指すうえでのライバルも腰を痛めたり本番に体調を崩したり・・。全体的にシリアス要素が余計に感じてしまう部分が多かったです。

      飛び込みの作画も微妙で、わずか1秒ちょっとの競技をアニメで見せようとしたらスローモーションを使うとか、できることはまだまだあったのではないかなぁと。

      案の定売り上げ予想はかろうじて数字が出るのかなぁ・・といった程度。もうちょっと素直に熱く楽しませてもらいたかったですね〜。

       

      1〜3話・・・★★★

      4話・・・★★★★

      水泳の飛び込み競技が題材の作品。最近はスポーツもののジャンルも幅が広くなってきましたね。

      4話でオリンピックを目指すうえでライバルとなりそうなキャラが出てきて面白くなってきました。が、友人や恋人との人間関係は崩壊しそうな気配が出ており、1クールで描き切れるのかなぁという不安もあります。飛び込みという競技は時間にすると一瞬で、この後出てくるであろう大会での映像表現にも期待したいところです。

      5話・・・★★★

      せっかく友達と仲直り出来て、ついに3回転半に成功!という爽やかに締められそうな回なのに、最後に残念なシーンが。ここまでが彼女さんをすごく大事にしている描写があればまた違うんでしょうけど・・。「ストーリーで何を見せたいか」という点と、原作に沿っているのかもしれないけれど、「1クールアニメとしての表現」といったところでガッカリです。「バッテリー」に続いてあまり話題にはならないだろう・・と予想できてしまいます。

      6話・・・★★★

      彼女の件はあまり必要ない話だったかなー。大会は飛び込みのシーンが沢山あったけれど、バシャーン!チャポン。演技の良し悪しを表現するにはもう一息ではないでしょうか。1.4秒のスポーツだからこその何かがあるといいんだけど・・・

      7話・・・★★

      やっぱり毎話感じてしまうのが、せっかくの飛び込みという珍しい競技を扱っているのに余計な要素が多すぎるのではという点。

      大して努力をしていない姿を見せた後少し頑張ってみてダメでやめていく仲間、主人公の弟くんも何も魅力を感じない人物。大物ライバル的な登場をしているのに腰を壊してましたーな飛沫くん。地味過ぎてみんなに忘れられる松野くんも笑いにはつながらない感じ。最後まで見続けて「ああいい作品だったな」という感想を持てるかどうか怪しくなってきましたね〜

      8話・・・★★

      9話・・・★★★

      10話・・・★★★★

      11話・・・★★

      マイナースポーツなんだからもっと正統派の真っすぐなストーリーの方が面白かったでしょうね〜。

      12話・・・★★★

      まずまずまとまった最終回でしたが、「ノイタミナ枠のスポーツ物」に少しマイナスイメージのつく作品だったかもしれません。

       

       

      | 【アニメ】 レビュー | 23:26 | comments(0) | - |
      【アニメ レビュー】249.サクラクエスト
      0

        ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

         

        ジャンル:観光

        放送時期:2017.4-9(全25話)

        原作:Alexandre S.D. Celibidache

        監督:増井壮一

        構成:横谷昌宏

        制作会社:P.A.WORKS

         

        (ストーリー)

        脚本:C

        構成:D

        END:A

        (キャラクター)

        魅力:C

        デザイン:B

        声優:C

        ・映像:B

        ・音楽:B

        ・売上:E(7話時点予測:E)

         

        総合評価:★★★

         

        「花咲くいろは」「SHIROBAKO」に続くP.A.WORKSの「お仕事アニメ第三弾」ということで期待された作品でした。

        「町興し」というこれまでの作品に比べたら規模が大きく、また現実的なお話で、ストーリーの舵取りが難しそうだなぁという印象は持ちました。序盤は良かったのですが早々に不安が的中というか、あまり面白い作品にならないのではというマイナスイメージがついてしまいました。主人公の無力さ、間野山の住民の非協力的態度(そもそもそこまで町興しを求めていないのでは?と感じさせる部分がありました)、先代国王のポンコツっぷりと、初期設定にいろいろ問題があったのではと思ってしまうほどでした。

        徐々に間野山の持つポテンシャルは示され始めましたが、それはそれで国王いらなくね?と感じてしまいモヤモヤ・・。

        間野山という町をどう見るかは人によって大きく異なりそうですけどね。田舎だなぁと感じる人もいればぜんぜんましじゃん!と思う方もいると思います。「田舎」というものを知る方々(自分も含め)にとっては設定が中途半端に思われたのではないでしょうか。

        後半クール前に脱落しそうな危機もありましたが、終盤のストーリーは割とよくなり最終話は綺麗に締まったなぁという印象を持ち、見続けた甲斐はあったかなぁと思います。

        個性的なキャラはいたものの、ストーリー的には風呂敷を広げ過ぎず、由乃ちゃんを始めとして、彼女たちなりの等身大の町興しと捉えてみることができるようになったからかなぁと個人的には思っています。

        実際の成果を考えると正直大したことはできていない・・wだけど主人公自身の成長と住民の「意識改革」ができたことはこれから先に生きそうで、最終回の時点でようやくスタートラインに立ったと言えるのかもしれません。

        そういえば町興しという題材の割に「行政」がほとんど関わってこなかったと思いますが、この辺りもストーリーをまとめるうえでの取捨選択があったと予想されます。

        ストーリーそのものはどうしても地味な印象で声を大にしてお勧めするような作品とまでは残念ながらなりませんでしたが、P.A.WORKSらしさは感じることができましたし、お気に入りのキャラが出来れば最後まで町興しを見届けることは出来そうですね!

         

        1話・・★★★★

        2話・・★★★★

        3話・・★★★★

        4話・・★★

        安定して楽しめていたけれど、4話はイマイチに感じました。ツッコミどころが多くなりやすい作品だとは思いますので今後のストーリーの舵取りが注目されますね〜。

        5話・・★★★

        ようやく「欄間」を通じてささやかな前進を果たした回。31社の面接に全滅した主人公がどのように成長するのか・・今のところ、「あちゃーそりゃ落ちる理由もなんとなくわかるわ〜」という感じかなぁ。ややストーリー展開には否定的な見方をするようになってきてしまったかも・・?

        6話・・★★★

        7話・・★★★

        映画撮影を軸としたストーリーは2話使って上手くまとまったと思います。ただ、「主人公はたまたま町興しを行うことになった」「住人の中にはこのままでよい、町興しなど必要ないと思っている人がそれなりにいる」

        この2点の初期設定が失敗ではないか?という疑問が解消されない限り、本作を高くは評価出来ないかなという気がします。

        8話・・★★★★

        9話・・★★★★

        町自体にポテンシャルがあるじゃん!と思った回でした。

        10話・・★★★

        11話・・★★★

        12話・・★★★

        13話・・★★★

        イベントとしては概ね成功、TV番組も視聴率的には成功、ただしイコール町興しの成功とは限らないよねというビターな前半クールの締めとなりました。

        町興しというものを真剣にやろうとすると難しいんだよ、さらにアニメとして作り上げるのはもっと難しいんだよ・・・・

        P.A.WORKSの真骨頂、お仕事シリーズ第3弾は人気作となるには厳しそうな状態で前半クールを終えましたが果たして後半どうなるのでしょうか。見るのをやめるほどひどい出来ではありませんし、作品を通じて何を表現したかったのか見届けようと思います。

        14話・・★★★★

        OP・EDがガラッと雰囲気が変わり、後半クールスタート。それぞれの地元、あるいは友人の元へ帰って小休止、再出発というお話自体は凄くよかったと思いますが、最後に「安産」Tシャツを来た外国人の集団・・・

        なんかズレてるんじゃないかなぁ・・・?名作への道は厳しくなったかなぁという印象です。

        15話・・★★

        2週続けてそっち方面あまり興味ないよーという引きになっちゃったかな。

        16話・・・★★★

        丑松会長達の過去が明らかになりました。よく会長させてもらえてるよね・・という過去でしたw地元愛!わからなくもないけれどどうしても「この人ではそりゃ成功しないよな。。」と冷たい目で見てしまう・・・

        祭り復活に向けた「クエスト」が始まる・・!果たして?!

        17話・・・★★★★

        過疎地域の路線バスは現実的な問題ですね〜。採算を考えると運転手一人に対して乗客が何人いるんだ・・となってしまいますが安易に廃止することもできないですもんね。そんなテーマの回でも「キュウリ小さすぎワロタ」が印象に残るというwこれぞサクラクエストクオリティ。

        18話・・・★★★★★

        ようやく、ついに!事前に期待していた「サクラクエスト」を見せてもらえた気がします。教授さんの突然の死は驚きましたが現実的な話とも言えますし、「デマンドバス」に見出す一筋の光明・・余韻のあるいいお話だったのではないでしょうか。

        既にBD1巻が発売され、P.A.WORKSの「お仕事シリーズ」の中では爆死とも言える売り上げ。序盤〜中盤のストーリーは何だったんだろう・・・と悔やまれますが終わり方には少し期待が持てるかもしれないな、と感じた回でした。

        ・・・もう1回ガッカリしたら駄作認定せざるを得ない・・w

        19話・・・★★★

        これまでのストーリーの積み重ねも生きているとは思いますが、ここへきてまた個人にスポットを当てるとは・・。残り話数でどうまとまるのかなー。

        20話・・・★★★★★

        18話と並んで1話単位で見ればよくまとまったいい回だったのではないでしょうか。

        21話・・・★★★

        22話・・・★★★

        23話・・・★★★★

        商店街の活性化に少し光明が見え、お祭りの準備も着々・・といったところで最後に合併話という爆弾が。あるあるなお話ですよね〜。商店街の集まりの時に見せた国王の成長っぷりには「うん。面接もう合格できるよ!」とエールを送りたくなりました。

        24話・・・★★★★

        みずち祭りは大成功!!の予感。よしのちゃんも1年かけてしっかり成長したんだなぁ・・。これなら就活も通るんじゃね?的なw

        最終話は合併話の決着となるのでしょうか。もう一波乱ありそうですね。

        25話・・・★★★★★

        トータルでの本作品の評価はともかくとして、25話を通して積み上げてきたものという意味では綺麗にまとまった最終回だったのではないでしょうか。

        | 【アニメ】 レビュー | 01:22 | comments(0) | - |
        【アニメ レビュー】248.徒然チルドレン
        0

          ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

           

          ジャンル:4コマ漫画・学園・ラブコメ

          放送時期:2017.7−9(全12話)

          原作:漫画/若林稔弥

          監督:金子ひらく

          構成:浦畑達彦
          制作会社:Studio五組

           

          (ストーリー)

          脚本:A

          構成:A

          END:A

          (キャラクター)

          魅力:A

          デザイン:B

          声優:A

          ・映像:C

          ・音楽:B

           OP「アイマイモコ」/水瀬いのり・・・B

           ED「Dear」/小倉唯・・・B

          ・売上:??

           

          放送開始前期待度:☆☆☆

          総合評価:★★★★★

           

          複数のカップル(未満も含めて)のラブコメにおける「おいしい所」を集めたショートショート集といったところでしょうか。

          進展具合の違う複数のカップル、それぞれ個性的で外れに感じる組み合わせはほとんどなかったかなぁという印象。きちんと関係が進展していくあたり、ラブコメのアニメとしてこういう形式は正解なのかもしれませんね。

          映像的にはそれほど潤沢な予算というわけでは無さそうでしたが、声優さんはなかなか豪華で、ヒロインの魅力アップに一役買っていました。特にマイナス要素も見当たらず、原作もまだまだ続きがあるようなので、アホガールと同じく続編に期待!!

           

          1話・・★★★★★

          2話・・★★★★

          15分アニメですが実質3分×4本のショートストーリーといった感じ。ラブコメのおいしい所がギュっと詰まっている感じで最初からかなりニヤニヤできます。金子ひらく監督といえば・・おっぱいアニメ!という印象しか無く意外ですが既にハマっています。最後まで飽きずに楽しめるでしょうか・・?!

          3話・・★★★★

          4話・・★★★★★

          今回出来が良かったように感じます。カップル毎に進展具合がバラバラなのも面白いですね〜

          5話・・★★★★★

          「おしまい」の文字が最後に出たカップルのお話は文字通りおしまいなのかな?今期一番思わず顔がニヤけてしまう作品。このまま最後まで楽しめる期待度大!極端に好みに合わないカップルさえ出なければ恐らく・・?!

          6話・・★★★★★

          ギャグ路線のお話が3つ続いて大笑い出来ました。ここまでであまり外れに感じるカップルがいなくて凄いなぁと思います!!

          7話・・★★★★

          8話・・★★★★★

          ギャグカップルとほっこりカップルのバランスがいいのかな?カップル毎の個性がやはり面白い!!

          9話・・★★★★

          今回はややモヤモヤするお話が多かったかな‥と思いきや最後の皆川さんが破棄力ありましたw

          10話・・★★★★

          4つのお話の内3つに連続性が。ストーリー構成も少しずつ変わってきていますね。ラストで破局の危機が!これは・・どうなるんでしょう?!

          11話・・★★★★★

          恋の進捗状況がカップルによりまちまち。カップル同士の交流も見えてきてさらに面白くなってきましたね〜。と思ったらもう次で最終回?!ガンバレーあと一息なカップル(未満のカップル)はゴールインできるのか?!注目です。

          12話・・★★★★★

          進展が遅かった二組のカップルがゴォォォール!(とも言い切れないけれど)。アホガールと並んで最後まで安定して楽しめました。

          | 【アニメ】 レビュー | 00:22 | comments(0) | - |
          【アニメ レビュー】247.アホガール
          0

            ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

             

            (15分アニメ)

            ジャンル:学園・ギャグ・残念系コメディ

            放送時期:2017.7−9(全12話)

            原作:漫画/ヒロユキ

            総監督:草川啓造

            監督:玉木慎吾

            構成:あおしまたかし
            制作会社:ディオメディア

             

            (ストーリー)

            脚本:B

            構成:A

            END:B

            (キャラクター)

            魅力:A

            デザイン:B

            声優:A

            ・映像:B

            ・音楽:B

             OP「全力☆Summer!」/angela・・・A

             ED「踊れ!きゅーきょく哲学」/上坂すみれ・・・C

            ・売上:?

             

            放送開始前期待度:☆☆☆

            総合評価:★★★★★

             

            原作を読んでいた時期もありそれなりに見れそうな作品かなぁと思っていましたが、もう本当に予想以上の出来でした。15分アニメという尺も程よく、ディオメディアという制作会社さんにクオリティ面では正直期待度は低かったですが、これまでの作品である意味一番安定感があったのでは・・?(毎回変わるOPが中盤露骨に手抜きになっていたのはご愛敬)

            原作のキャラクターの掛け合いが上手く表現されていて、「あっくんに抜群に強いさやかちゃん」みたいな感じでキャラの強弱のバランスが取れていてテンポが良かったのが一番良かった点ですかね〜。内容そのものを語ろうとするとまさにアホとしか言いようがなく、1話のノリについていけない人は楽しめないかもしれませんが・・

            この作品の弊害は・・悠木碧さんのよしこがインパクトが強く、ほかの作品の声もよしこに変換される恐れがある点でしょうかw(今期だとシンフォギアとかw)

            2期も期待できそう?!楽しみにしています。

             

            1話・・★★★★

            2話・・★★★★★

            マガジンでおなじみ「アホガール」!最近は読んでいませんがそれなりに知っています。

            1、2話の印象ではディオメディアさん制作の作品の中では大当たりなのでは・・という点!w映像のクオリティも十分に感じますし、杉田智和&悠木碧コンビがハマリ役!作品を簡潔に述べるのであれば「アホ」。好みは分かれるのかもしれないけれど、潔い作品だと思います!w15分アニメにしたのも正解でしょうね〜

            3話・・★★★★

            よしこのお母さんもアホだった・・wさやかちゃんが可愛いけれど、100km走らされてお金は使い込まれて・・のお話はちょっとやり過ぎで素直に笑えなかったかな。アホにも笑えるアホと笑えないアホがあるんだなぁと再確認できました!

            4話・・★★★★

            のぞみちゃんがアホサイドに陥落し、さやかちゃんがついにキレた!w勢い衰えないなぁ。

            失速せずに頑張って!

            5話・・★★★★★

            さやかちゃん>あっくんの力関係が面白い回でした。よしこのお母さんも駄目だこりゃ・・w

            細かいことを考えずにアホになれたら神回だらけ。真顔で見たらイラっとする・・ 評価は分かれる作品だとは思いますよっ

            6話・・★★★★★

            海でも盆踊りでも衰えないアホっぷりと勢い。いやぁ出来いいと思いますよっ!!

            7話・・★★★★

            先生・・・重症です( ノД`)。よしおくんは漫画版の記憶がなんだかありました!wかくれんぼで3日隠れ続けるよしこ恐るべし・・・

            8話・・★★★★★

            前回登場したギャル3人組が再登場。よしこにかかるとギャルパワーも明後日の方向に持っていかれますねwそして本作で一番まともなキャラ(と思われる)犬!犬が・・恋に落ちたー!wポメちゃんも含めシンプルな作画なのに可愛いなぁと思ってしまいますw

            9話・・★★★★★

            フェスティバゥ!!アホガールにかかれば文化祭も本番以外にスポットが当たりまくり。ギャル3人組もレギュラー化しましたね!後半の委員長さんもさやかちゃんも・・・攻守交替が激しく最早みんなアホw

            10話・・★★★★★

            本当に勢いが落ちないどころかさらに増している感じがしてすげぇ・・作画もバラエティに富んで気合の入った回でしたね・・w

            11話・・★★★★★

            作画までクオリティアップだと・・?次でもう最終回・・寂しいw

            12話・・★★★★★

            最後まで勢いを保って駆け抜けました!拍手ー!!

            | 【アニメ】 レビュー | 00:15 | comments(0) | - |
            【アニメ レビュー】246.ナナマル サンバツ
            0

              ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

               

              ジャンル:競技クイズ・学園

              放送時期:2017.7−9(全12話)

              原作:漫画/杉基イクラ

              監督:大宙往基

              構成:柿原優子
              制作会社:TMS/だぶるいーぐる

               

              (ストーリー)

              脚本:B

              構成:B

              END:C

              (キャラクター)

              魅力:B

              デザイン:B

              声優:D

              ・映像:C

              ・音楽:C

               OP「On My MiND」/Mrs. GREEN APPLE・・・B

               ED「○○○○○」/ベイビーレイズJAPAN・・・D

              ・売上:(5話時点予想:E)

               

              放送開始前期待度:☆

              総合評価:★★★

               

              競技クイズものとして興味深く作品としては面白かったです。ストーリーもまだまだ途中という感じでこの先も気になります。

              残念ながら本編の内容よりもヒロイン役の川島海荷さんの声優としての技量にのみ評価が集まってしまった印象。終盤出番が減っちゃったけれど・・ひょっとして意図的に(やむを得ず?)・・などと邪推してしまいます。あとはお邪魔キャラ的な女装くんもちょっと邪道というか、もっとシンプルなアツさを追求しても良かったのかなぁなんて思います。色々ともったいないなぁ・・という印象がどうしても残る作品でした。

               

              1話・・★★★

              2話・・★★★

              3話・・★★★★★

              放送開始前は全く注目していなかった作品ですが、競技クイズを扱った作品と知り興味を持ちました。

              1話の時点で期待以上かもしれない!と注目度はさらに増しましたが、悲しいかな一番話題になってしまったのが「ヒロインの演技の酷さ」。「はいっ」と返事をするだけのシーンでも違和感を感じてしまうほど、なんというか声優ではないな・・と思えてしまうこの感じ。もしオーディションで選考されていたら・・と思ってしまいますね。

              ただしやっぱりストーリー展開は熱く、競技クイズの奥深さはこの3話までで十分に伝わりました。百人一首の「ちはやふる」にハマった僕にはピッタリかもしれません。主人公にも期待が持てそうなので、視聴決定。ヒロインだけを理由にスルーしてしまうのは勿体ないかもしれませんよ?!

              4話・・★★★

              関西弁の新ヒロイン?登場!ストーリー的には「早押しボタン高ェ!」くらいしか印象には残らない回でしたがw

              5話・・★★★★

              合同練習!すごい個人的な話ですが出てきた問題の中で正解できたものがいくつかあって妙にうれしかったですw

              単純に早押しというだけでなく色々なルール設定があるのは面白いですね。

              6話・・★★★★

              ゲーセンのクイズでも主人公のセンスがキラリと光る☆最後になんだか変なキャラが出てきました。イロモノキャラはあまり必要ないような気がするけれど今後出番多いのかな?

              7話・・★★★

              8話・・★★★★

              大会のクイズの出題形式の豊富さに感心しました!

              9話・・★★★

              10話・・★★★

              11話・・★★★

              12話・・★★★

               

              | 【アニメ】 レビュー | 00:07 | comments(0) | - |
              【アニメ レビュー】245.異世界食堂
              0

                ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

                 

                ジャンル:ファンタジー・料理・グルメ

                放送時期:2017.7−9(全12話)

                原作:小説/犬塚惇平

                監督・構成:神保昌登
                制作会社:SILVER LINK.

                 

                (ストーリー)

                脚本:B

                構成:C

                END:B

                (キャラクター)

                魅力:B

                デザイン:B

                声優:B

                ・映像:C

                ・音楽:B

                 OP「One In A Billion」/Wake Up, May'n!・・・B

                 ED「ちいさなひとつぶ」/安野希世乃・・・A

                ・売上:(6話時点予想:D)

                 

                放送開始前期待度:☆☆☆

                総合評価:★★★★

                 

                「異世界もの」のジャンルに新たな1ページが。お料理系のアニメは売り上げ的にはもう一つな印象がありますが(面白さとかは別にして)、異世界からのお客さんを相手にどのような料理を出すのか、ストーリー展開は?と注目していました。

                洋食屋・・というより定食屋(なんでも屋?)なメニュー構成でしたが、親しみやすく味の想像ができる素朴なメニューたちだからこその安心感がありましたね〜。異世界のお客さんにとっては目新しい料理の数々、グルメレポートがなかなか達者な人が多かったw基本はオムニバス形式ながら異世界の方でのちょっとした(ちょっとどころではない?)繋がりもあり、ストーリー的にも予想以上に楽しめたかなぁと思います。諏訪部順一演じる店主に渋い魅力があったし、アレッタ&クロのアルバイトコンビも可愛かったです。抜群にめちゃくちゃ面白かった!という作品ではないけれど、いつまでも見続けられそうな安心感。レパートリー的にもまだまだ続きが作れそう。売り上げはやや厳しいラインになりそうですがまた続きを見てみたいですね〜!!

                 

                1話・・・★★★★

                2話・・・★★★★

                異世界ものからお料理ものが登場!ヒットが続く「小説家になろう」発の作品として期待がかかりますね。

                異世界の方から、週に一度開かれる扉をくぐって「洋食のねこや」にお客さんが訪れるという設定。メニュー自体は定番の品々になりそうですが、お客さんの反応が新鮮ですね。店主(CV:諏訪部順一)の安心感!まったりと楽しむことができそうですね〜

                3話・・・★★★★

                4話・・・★★★

                前半のリザードマンのお話は評価が分かれるかもですね。ナレーションが面白いと捉えるかどうか?!

                ・・お腹は減りますがね?w

                5話・・・★★★★

                ライオンさんやかましいw勝利のカツ丼明日のメニューはこれで決まり?!そして36歳のハーフエルフさん(独身)は中の人が・・・(´;ω;`)オムニバス形式のストーリーも毎話楽しめていますが、後半は登場キャラ同士の掛け合いも見られるのでしょうか?

                6話・・・★★★

                いつも決まったメニューばかりの常連さん同士が「自分の頼む品が一番!」と言い争う回。食べ比べをした結果どうなったのかが端折られてしまったのでちょっぴり物足りなかったかな。アレッタさんは可愛かったです。

                7話・・・★★★★

                カレーおいしそう!

                新看板娘のクロさんの仕事ぶりに注目です?!女性キャラはエルフさんが多いですねw

                8話・・・★★★

                ハンバーグ美味しそう!働き口をねこやのご縁から手に入れたアレッタさん!よかったよかった☆異世界の貨幣の価値が説明された回でもありました。金貨1枚=銀貨100枚ですか!銀貨1枚が推定2000〜3000円といったところでしょうか?

                興味深い回だったけれど、作画が失速してきました。(制作会社恒例)いい作品だと思うので最後まで頑張って!

                9話・・・★★★★

                お飲み物中心の回。クリームソーダ系が充実していました!

                10話・・・★★★★

                小さい妖精さん(たち)可愛かった!納豆パスタとはまた異色なお料理が・・。パスタ→ライスへの応用を思いつくとは・・やりおる?!

                11話・・・★★★★

                クロさん可愛い!ストーリー的には起伏が少なく次回最終回?「完結」という感じにはならないでしょうがどんな締めになるのでしょうか。

                12話・・・★★★★

                最終回のメニューが「とん汁&コロッケ」とはwとん汁にバターは挑戦したことがなかったなぁ、一度試してみようかな?

                ストーリー的には意外な設定に驚かされつつ、いつも通りのほっこりとした締め。良い作品でしたねっ!!

                | 【アニメ】 レビュー | 23:57 | comments(0) | - |
                【アニメ レビュー】244.恋と嘘
                0

                  ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

                   

                  ジャンル:近未来(管理社会)、恋愛

                  放送時期:2017.7−9(全12話)

                  原作:漫画/ムサヲ

                  監督:宅野誠起

                  構成:高橋ナツコ

                  キャラクターデザイン・作画監督: 伊藤依織子
                  制作会社:ライデンフィルム

                   

                  (ストーリー)

                  脚本:B

                  構成:B

                  END:D

                  (キャラクター)

                  魅力:B

                  デザイン:C

                  声優:B

                  ・映像:C

                  ・音楽:B

                   OP「かなしい うれしい」/フレデリック・・・B

                   ED「Can't you say」/Roys・・・B

                  ・売上:(6話時点予測:E)

                   

                  放送開始前期待度:☆☆

                  総合評価:★★★★

                   

                  ノイタミナ枠っぽい題材だなぁと思いつつ、目が異様に大きいあまりにも独特のキャラクターデザイン。読み切り漫画で成立しそうな設定。かなり様子見なスタートでしたが思った以上に最後まで楽しめました。癖の強かったキャラクターデザインも意外に気にならなくなったし、最初はヘンテコな曲に思えたOP曲もじわじわハマってきました。

                  ストーリーとしては「政府によって決められた結婚相手vs自由恋愛による両想いの恋人、さぁどっち?!」これが全てで、作品として成立させようと思ったらどう考えても「政府通知に屈しないストーリー展開」になると思われました。

                  この作品を楽しめた最大の理由は、政府通知のお相手のりりなちゃんが可愛かったこと、これに尽きると思います。「政府、やるな!」と思わせるだけの魅力と相性の良さそうな雰囲気を演出してくれたおかげで、「これはどちらかを選ぶなんて難しい・・・」と存分に迷わせてもらえました。残念ながら原作も連載中でどっちも選べない終わり方になってしまいましたが、僕はこの作品に関してはこれはこれでアリかなぁ・・と思いました。普通だったら中途半端な終わり方だとプンプン怒るところかもしれませんがw

                  1クールの作品としてみると美咲ちゃんが抱えている謎とか、仁坂くんの立ち位置とか色々と中途半端なままで終わってしまった点も多く、声を大にしておすすめ!とかは言えない作品ですが、原作の終わり方はどうなるのかなーと追いかけてみたくなる気持ちにはさせてもらえました。アニメで続きを見たい気もしますが納得できる結末を迎える予想ができない・・・w売り上げ的にも恐らく厳しそうですし、「ヒロインの二人が可愛かったなー」という感想にとどめておくのが良さそうですね!

                   

                   

                  4話まで・・・★★★★

                  放送開始前に目が大きすぎるキャラクターデザインを見てやや敬遠気味だった作品。ぶっ飛んだストーリーだなぁと思いつつもヒロイン2名+@の魅力で結構楽しませてもらっています。目の大きさも少し慣れた・・?

                  現在も連載中の作品でどのような結末になるのか。注目度上昇中です!

                  5話・・・★★★★

                  サービスシーンありのキャンプ回。政府通知が持つ強制力に、「進学、就職が不利になる(かも)」といった見えない部分の影響があるようです。通常のラブコメとの大きな違いですよね〜。その設定を生かした展開になるのかどうか・・?!

                  6話・・・★★★★

                  CV:黒沢ともよさんが「セ〇クス」を何回言ったんだろう・・wりりなちゃんが可愛い・・!来週どうなってしまうのか・・?!

                  7話・・・★★★★

                  クライマックスが予想つかないなぁ。

                  8話・・・★★★★

                  高崎さん(CV花澤香菜)の名演!スポットが当たる度に「選べないよ・・」と揺れてしまうなぁ。仁坂くんもまぁ本作ならではのキャラなんだろうな〜と思います!

                  9話・・・★★★★

                  政府通知に改ざん疑惑?!りりなちゃんが素直に可愛いキャラだと思えることで、政府やるじゃん!と思わせつつ、通知通りに結ばれましたーではストーリーが成り立たないからやっぱり高崎さん・・?という流れに一石を投じましたかね。ツッコミどころはあるけれどなるほどーとは思いました。仁坂くんもヒロイン力を発揮していましたけれどw

                  10話・・★★★★

                  この作品の魅力は「政府通知なんてシステムを作れるなら重婚を認めようよ」といった感想がチラホラ見られるほど、二人のヒロインに選べない魅力がちゃんとあることだと思います。1クールですっきり終わらせてほしいけれど多分無理でしょうね〜。

                  11話・・★★★★

                  りりなちゃんが身を引く宣言?!最終回どうなりますかね〜。ずーっと★4評価、安定して楽しめた作品のクライマックスは果たして。

                  12話・・★★★★

                  Aパートのりりなちゃんは破壊力抜群でしたね〜。終わり方は・・・この作品に関してはこれでしょうがないのかなぁと思ってしまいました。当初の期待度から言えば十分楽しめたので良しとします。

                  | 【アニメ】 レビュー | 22:46 | comments(0) | - |
                  【アニメ レビュー】243.潔癖男子!青山くん
                  0

                    ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

                     

                    ジャンル:青年漫画、サッカー、学園、ギャグ

                    放送時期:2017.7−

                    原作:漫画/坂本拓

                    監督:市川量也

                    構成:後藤みどり
                    制作会社:スタジオ雲雀

                     

                    (ストーリー)

                    脚本:D

                    構成:D

                    END:D

                    (キャラクター)

                    魅力:C

                    デザイン:B

                    声優:B

                    ・映像:B

                    ・音楽:C

                     OP「White」/Bentham・・・C

                     ED「太陽がくれた季節」/富士美高校サッカー部・・・B

                    ・売上:(6話時点予測:E)

                     

                    放送開始前期待度:なし

                    総合評価:★★★

                     

                    視聴予定はもともと無かったけれど、なんとなく最後まで完走できた作品。結局1話の「潔癖症の青山くんがなぜサッカーを?!」というのが最大のシュールギャグとしての見せ場だったような気はします。潔癖ネタだけは読み切りとか短期連載で終わりそうだもんね・・・。後半は他のキャラクターがメインになる回が多く、青山くんはどんどんサブキャラ化・・・サッカー物なのかどうかもツッコミどころで、「潔癖男子青山くん」というタイトルならこういう展開じゃないのー?と作品自体につっこんでしまう所が最大のシュールギャグだったのかもしれませんね。それでも1クールものの作品としてせめてもう少しまとめて欲しかったなぁという残念な気持ちはあります。唯一青山くんに触れられる小田切さんとか・・最終回出番なしとは逆に驚いた・・w

                    全体的に映像が綺麗で安定していて、キャラクターも学園ものとしてみたら魅力があったから完走できましたね。ゆる〜く見るには見やすい作品だったと言えるでしょうか。

                     

                    1〜4話・・★★★

                    放送開始前には全く注目していませんでしたが、意外にもサッカー物にしてシュールなギャグものということでそこそこ楽しめています。

                    序盤の最大のツッコミどころは「(超重度の)潔癖症でサッカーができるか!」というところでしょうね(笑)

                    そしてすぐネタ切れになっちゃうんじゃないの・・?という不安もありましたがそれは今のところ大丈夫そう・・かな?

                    急に作画が巨人の星風に変わるEDも見どころです。(毎話違う懐かしの名曲が流れるのではと1話の時点では期待しましたが・・)

                    5話・・★★★★

                    尻フティングの使い手、メガネくんこと塚本君にスポットが当たった回。今までで一番真面目にサッカーしてた?!その分潔癖要素は薄かったけれどこれはこれで良し?!

                    6話・・★★★★

                    サッカーどころか青山くんもほとんど関係ねぇぇーな回でしたw漫画家の苦悩あるある・・な感じのストーリーでこれはこれで面白かったです。

                    7話・・★★★★

                    青山くんが触れても大丈夫な小田切さんという高身長の女の子が登場!なぜOKかはそのうち明かされるのかな?癖があるキャラクターが多い中では素直に可愛いキャラなので今後に期待!

                    8話・・★★★

                    サッカーも潔癖もメインからどんどん外れている・・?wヒロインとしては小田切さんの方が好みだけど、作中でのインパクトは薄いかな・・?

                    9話・・★★★★★

                    学園ものアニメあるあるの一つに「登場キャラに一人お金持ちがいて豪華な合宿」というのがありますが、ここまでぶっ飛んでると素直に笑えましたw女の子の可愛さも生きる回でしたね!

                    10話・・★★★

                    深まる青山君の謎・・薄まる潔癖要素。ストーリーをまとめる気があるのかは不明・・

                    11話・・★★★

                    12話・・★★

                    まさか普通にサッカーして終わるとは・・。最終回だから(?)青山くんが最後の5分以外もちょっと頑張ったけれど、小田切さんの謎は全く触れられないままだったし、まるで最終回感が無くてちょっと残念でした。映像的には良かったし、途中の1話であれば面白かったと言えそうですけどね〜。

                    | 【アニメ】 レビュー | 22:02 | comments(0) | - |
                    【アニメ レビュー】242.Re:CREATORS
                    0

                      ⇒ アニメ・ブログ内各種リンク一覧へもどる

                       

                      ジャンル:SF・ファンタジー・バトルアクション

                      放送時期:2017.4-9(全22話)

                      原作:広江礼威

                      監督:あおきえい

                      構成:広江礼威・あおきえい

                      音楽:澤野弘之

                      制作会社:TROYCA

                       

                      (ストーリー)

                      脚本:C

                      構成:D

                      END:B

                      (キャラクター)

                      魅力:B

                      デザイン:B

                      声優:B

                      ・映像:C

                      ・音楽:A

                      ・売上:D (7話時点予測:D)

                       

                      総合評価:★★★

                       

                      アニメ、小説、ゲーム等の創作物の中からキャラクターが現実世界に現れて・・というお話。序盤でセレジアさんが「この世界には匂いを感じるの。」といった発言をしてコーヒーを美味しそうに飲むシーンがありました。創作者の考え方とか自分の作品のキャラとの掛け合いとかは素直に面白く、設定としてはオリジナリティがあって期待度は高かったです。

                      どういった作品からキャラを引っ張ってくるかとか、ストーリー自体も自由度が高い設定で、製作陣の腕の見せ所・・だったと思います。各キャラの個性、魅力は十分あったと思うけれど、結果的に「バトル物」という括りにはならない作品だったと思うので、もっとバラエティに富んだジャンルの作品かのキャラが出てきても良かったのかもしれません。まぁ尺に収まりきらなくなりグダグダになる危険もありますがw

                      言い出したらキリが無さそうなほど言えることは沢山ある、それもこの作品のある意味魅力なんだろうと思いますが、

                      ・主人公の性格によって中盤のストーリーがモタモタしてしまった

                      ・まがねというキャラは実際に殺人を犯してしまっているのに、最後にキャラの能力だけストーリーの締めにお借りしてその他諸々は放棄してしまったという印象が強い

                      ・戦闘シーンがそれなりにあったけれど、アルタイルがチート的な強さで戦闘そのものは茶番になってしまった印象。また、創造主と引き合わせて・・という解決策は予想できなくもない裏技?ではあったけれど、フェスのイベントとして各作品のファンにとって納得できる結末だったとはどうしても思えない

                      このあたりがもう少しなんとかならなかったのかなぁと思いました。

                      個人的にはセレジア&松原のコンビが一番好きだったので、途中退場させずに最後まで見たかったなぁ・・。ストーリー的に意味がゼロとまでは言わないけれど、普通にお別れの方が感動できたような・・?

                       

                      色々と残念なところも出てきてしまいましたが、オリジナルアニメとして2クール楽しめたことは間違いありません。自分がこの作品に期待したことと、製作の方が伝えよう、見せようとしたことには結構な違いがあったということでしょうね〜・

                       

                       

                      1話・・★★★

                      2話・・★★★★

                      3話・・★★★★

                      4話・・★★★★★

                      キャラクターが自作の原作者に対して「この作品のキャラとして生まれて良かった」という感想を持ってくれるなんて、原作者冥利に尽きるのでは・・なんてことを思った4話。動きは少ないので好みは分かれる回かもしれませんが、この作品も面白くなりそうだなーという予感は十分します。まだまだ不明な点も多くこれからですけどね。

                      5話・・★★★★★

                      6話・・★★★★

                      ヤバいキャラが出てきた・・。派手なアクションシーンも無くはないですが、会話劇の比率が高く、好みが分かれる点かもしれませんね。僕は割と好きです。

                      7話・・★★★★

                      今のところ特に魅力がない主人公がどうなるのか。「軍服の姫君」に関する情報を明かせない理由が今回と次回で明らかになりそうだけど・・?

                      8話・・★★★★

                      まみかちゃんがーー!!う〜んやっぱり主人公ちゃんとしなさい!と感じちゃう展開が続いていますね。

                      9話・・★★★

                      10話・・★★★★

                      11話・・★★★

                      松原さん&セレジアが一番好みですかね。主人公キャラの性格が違ったらどんなストーリーになるんだろう、と想像をついついしてしまいます。

                      12話・・★★★★

                      後半クールに期待が持てそうな回でした。「主人公がー」はもう言わないようにしよう・・

                      (前半クールを終えての感想)

                      作品のネタとしては案外ありそうで無かったジャンルでキャラクターにも魅力は十分。僕個人としては序盤、セレジアが「この世界には匂いを感じる」と言ったシーンや、メテオラが自分のゲームをプレイして面白かったと答えたシーン、松原さん(セレジアの生みの親)が主人公級のキャラで原作者と作品のキャラの掛け合いは新しいなぁ、面白いなぁと魅力を感じました。

                      キャラが豊富になってくるとどうしても好き嫌いが分かれてくるのは仕方ないにしても、まがねというキャラが殺人を犯してしまって、シリアスモードにならざるを得ないストーリー展開にしたのはどうだったのかなぁ・・日常パートを序盤で見せにくくなる、そういう方向性に持って行っちゃったのかぁ・・と残念には感じましたかね。EDのような楽しそうなシーンをもっと見たかったかな〜。

                      あとは主人公が性格的にストーリー進行を緩めてしまっていて、一番好みが分かれる部分になっているかと思われます。そういう作風の原作者、監督だからと割り切るしかないのかもしれません。オリジナルアニメで登場させるキャラの匙加減の自由度が高い作品ですから、視聴者側も「もっとこうすれば・・」という感想を持ちやすいでしょうからねぇ・・。

                      全22話予定ということで残りでストーリーがどうまとまるのか、引き続き視聴します!

                      13話・・★★★★★

                      総集編・・・のはずがメテオラさんが暴れまわり、本編よりも面白い!!(と評判になっていましたw)

                      最初から作っていたのか、放送開始後の視聴者の完走を反映させたのかは少し興味があるところ。本編も盛り上がりますようにっ!

                      14話・・★★★★

                      後半クール開始!クリエイターサイドのストーリーへとガラッと変わりましたね〜。展開的には好みかも。ギャルゲーっぽい雰囲気を漂わせた新キャラはしれっとEDで仲間パーティー入り。重要キャラとなるのでしょうか?主人公もついに動き始めました!

                      15話・・★★★

                      ギャルゲーというよりエロゲー出身のキャラがまさかの登場!!みんなにすべて見られているって恥ずかしい・・w

                      ファンディスクという形で無茶な設定も可能とはエロゲーすごい・・

                      (特番)

                      16話・・★★★★★

                      温泉だーやったーーー!!というシーンも嬉しい回でしたが(笑)、お話としても良かったと思います。決戦前夜!的なキャラ同士の掛け合いが個人的には好きなのかもしれません。主人公も決戦の舞台に何か仕込みを準備していてようやく見せ場が来るのでしょうか?!準備にもっと時間(話数)をかけるのかと思っていましたが、残り6話、盛り上がりそうで何よりです。

                      (特番)

                      実写特番を2回挟む異例の編成。あとは物語のラストスパートに向けて一直線?!

                      17話・・★★★★★

                      ついに始まった戦いは見どころ十分、よく動いていましたね〜。アルタイルさん強すぎですが。

                      決してこれまでのストーリー展開そのものは抜群の満足度ではないですけれど、主人公を含めこれまで準備してきたことを発揮できる機会がありそうで、どうストーリーに絡むのか楽しみですね。

                      18話・・★★★★

                      ほとんどのキャラが主人公側に!まがねまで主人公に協力的な姿を見せるのは好みが分かれるというか、好ましくないと感じる人が多いかもしれません。ひかゆさんはファンディスクパワーでセクシーに戦いましたねw

                      19話・・★★★★

                      ありゃーーー!!ここで退場者複数とは・・。アルタイルさんがちょっと不条理な強さに感じますね〜

                      作画は気合が入っていて見どころは多かったです。

                      20話・・★★★

                      21話・・★

                      僕はがっかりしてしまったけれど評価が分かれる回ですかね?最後まで見て判断します

                      22話・・★★★★

                      最終話としては映像も綺麗でお話も綺麗な後日談だったと思います。ただ、こういうラストを想定していたならもっとこう・・うまくやれたんじゃないのかなぁというモヤモヤする感覚は残っちゃいましたかね〜。

                      | 【アニメ】 レビュー | 08:23 | comments(0) | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      • 【アニメ レビュー】 114.Re:ゼロから始める異世界生活
                        ムミン (01/06)
                      • 【アニメ レビュー】 114.Re:ゼロから始める異世界生活
                        カノレン (01/04)
                      • 【ムミンショップ情報】 Vol.111 5月25日〜 Ver3.3 START 
                        ノイズ (05/28)
                      • 【ムミンショップ情報】 Vol.111 5月25日〜 Ver3.3 START 
                        ノイズ (05/28)
                      • 【ムミンショップ情報】 Vol.108 4月20日〜5月8日 「リクエストお応えします」
                        ディアルト (05/09)
                      • 【ムミンショップ情報】 Vol.108 4月20日〜5月8日 「リクエストお応えします」
                        ムミン (05/09)
                      • 【ムミンショップ情報】 Vol.108 4月20日〜5月8日 「リクエストお応えします」
                        ムミン (05/08)
                      • 【ムミンショップ情報】 Vol.108 4月20日〜5月8日 「リクエストお応えします」
                        ディアルト (05/08)
                      • 【ムミンショップ情報】 Vol.108 4月20日〜5月8日 「リクエストお応えします」
                        ムミン (05/07)
                      • 【ムミンショップ情報】 Vol.108 4月20日〜5月8日 「リクエストお応えします」
                        チュン (05/07)
                      スマホ版に切り替え
                      counter
                      アクセスカウンター
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE